「試される美食、感じ取る味覚」尾道ラーメン 十六番 本店 十六番ラーメン大盛


-- スポンサーリンク --

食べ歩きが人生と似ているなと思うのは、
はじめはどこで何食べても目新しくて、
キラキラしていて美味しいけど、
数をこなして経験を積むと、
あーこれはあれと同じだなとか、
これはあんな味だろうなっていう風に、
キラキラやワクワクを感じにくくなるので、
意識して行ったり食べたりしなければ、
季節のように過ぎ去ってしまう所。

いつもの店でいつもの料理、
そういう外食も勿論いいと思うけど、
やっぱり僕はキラキラしたりワクワクしたい。
だから常に次の新しい店を探していて、
好奇心いっぱいで食べに出掛けて、
よく味わって食事を楽しむ。

その感想だったり感動だったりを、
趣味で綴っているこのブログが、
誰かのワクワクのきっかけになればいいし、
折角読んでもらうならちゃんと書きたいなって。
今回もそんな思いで食べに行き、そして書く。
ではよろしくお願いします。

尾道ラーメン 十六番 本店
十六番ラーメン 麺大盛

バスケットボール半個ほどのでかい丼に、
たっぷりのスープと平打ち麺。
透き通ったクリアな水面は、
その淡白さが見て取れる。
これは……、飽きそうだな…。

甘みのあるあっさり鶏がら醤油味。
揚げ玉みたいのが浮いている。
プツリと切れる細麺と、
薄切りで硬いチャーシュー。
それとやわらかな厚切り角煮が2切れ。

ライトな味わいでスルスルと食べ進む。
そしてそのライトさゆえに飽きる。
半分の所でコショウを振り、
さらに辛味噌を溶かしてみる。
うーん、麺大盛よりネギ追加だったか。

確かに美味しいとは思うけど、
当たりさわりがなく、
良く言えば素朴で、
悪く言えばパンチがない。
グッと引き込まれる部分もなく、
なんなら朝食にさえイケそうな軽さ。

あと角煮は角煮だけで食べたい。

比べるべくもないのだろうけど、
インスタント麺って良く出来てんだなぁ、
出前一丁なら2人前食べても100円かぁ、
なんて、麺啜ってて頭によぎった。
よぎってしまった。
ご馳走様々。

【お店】尾道ラーメン 十六番 本店
【アクセス】西長堀駅から徒歩5分
【メニュー】十六番ラーメン大盛 1,070円
【味】素朴で透き通った
【雰囲気】レトロな雰囲気
【私のおすすめ度】B

– – – – – – – – – –
★私のおすすめ度格付(僭越ながら)
AAA 大満足!絶対おすすめ
AA 満足!超おすすめ
A おすすめ
B 可もなく不可もなく
C 人によってはおすすめしない
D おすすめしない

-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください