__Aランク

「陽気なパン屋さん」
ハミングベーカリー
塩バタークレッセント 他

厨房に立つご主人と店頭に立つ奥様?の人柄があらわれたような明るい店内。惣菜パン系、菓子パン系を中心に、多様なパンが並んでいる。 いくつかのポップに書かれた「カルピスバター」。その聞き慣れない単語に、カルピスの味がするんですか?と思 …

「でかうま具だくさん練り物」
若松屋 外宮前店
伊勢 ひりょうず

「飛竜頭」と書いてひりょうず。メッチャかっこいい名前!!竜の伝説にまつわる由来があるんやろなあ! 「ひりょうず(飛竜頭)」はポルトガル語の「Filhós(フィリョース)」に日本語の音を当て、漢字で表記したもの。 三菱商事ライフサイ …

「パンの波状攻撃であります!」
ベーカリーカフェPePe(ぺぺ)
パンプレート

さあ、2023年最後の外食は岸和田にあるベーカリーカフェ ぺぺ にやって来た。一家四人で山越え谷越え、下道1時間の長旅だ。お目当ては焼き立てパンの食べ放題。「上手な買い物 上手な暮らし♪マツゲン マツゲン みんなのマツゲン♪」のテ …

「若い子は好きなんやろねこういうの」
油そば きりん寺 裏なんば店
全部のせ油そば大盛り

油そば専門店、きりん寺。大阪では至る所で見かける有名店だが、恥ずかしながら初めての訪問。近鉄日本橋駅から南に歩いて5分ほどの、交差点のカド地に、白い電光看板が眩しい。右手に会社カバン、左手にトイザらスの袋を提げ、会社員に扮したサン …

「マグマのような麻婆」
四川麻婆 天天酒家 なんば西店
油淋鶏ランチ

GoogleMAPを頼りになんばを歩く御堂筋から1本西の小路いわゆる“裏なんば”の反対側10人ほどの人だかりここか ──正面からよたよたと歩いて来る同じくスマホ片手の友人H「おう」「おう」どうせ混むだろうからと開店時間前に待ち合わ …

「元気の出る町中華」
中華料理 ターボー
A定食 ねぎラーメン

店員のお姉さんを呼んで、注文してからメニューをスマホで撮って、元通りに立て掛けるとラーメンが着丼。え、早くね? ホントに?これ俺のねぎラーメン? 輪切りのねぎと表面の油と、器の模様が見せる、繊細な線の造形。まるでマンダラ模様のよう …

「ゆっくり食べる蕎麦屋」
守破離 黒門店
旬菜天盛りそば

隠れ家のような佇まいの扉の先に広がる、天井が高く小洒落た内装と雰囲気はかなり良いが、取り敢えず卓が小さい。2人で蕎麦ともう2、3品を頼めば、品書きを含めて置き場が足りない。隙間無く食器を並べる整頓術が求められる。 蕎麦の前にまずは …

「スクラム押し込む無限リーチ・マイケル」
グリル異人館 大阪駅前第3ビル
ビフカツ定食

午前の打ち合わせが正午に終わって、次は14時半から、別のお客さんと打ち合わせ。会社に戻るには余裕がないし、昼飯の店を探して梅田を歩いてみる。 ディアモールを通って大阪駅前第1ビル。とても多くの人々が行き交う。エスカレーター前の店舗 …

「北陸の美味い魚と強い酢飯」
魚がし食堂 金沢駅Rinto店
海鮮特上ちらし

正午より少し早く到着もすでに3組待ち。店内はお世辞にも快適とは言えぬ。小綺麗であるが卓は小さく近い。活気は良い。 配膳までの10分余りはやや長い。魚を切って盛るだけだろうと思うが、やんごとなき事情があるやも知れぬと、小さく硬い椅子 …

「未知のさぬき」
さぬきうどんのたぬき
明日香美人 かやくごはんセット

妻の居ない休日の昼、チビッコ2人を連れ「さぬきうどんのたぬき」でうどんをいただくことにしました。正午より少し早い11:30の入店にも関わらず6組待ちで、狭い店内の壁際には待ち客がひしめいて居ました。2卓しかないテーブル席は待っても …