大阪府大阪市中央区

「チャンポン・インフレーション」とんこう 本店 長崎スペシャルチャンポン

晩めしを求めて谷九大通りから見えた黄色いテントちゃんぽん・皿うどんの立て看板うーーー~~ん、よし、入店 とんこう 本店 長崎スペシャルチャンポン 長崎チャンポン 970円長崎スペシャルチャンポン 1,200円めちゃ強気な価格設定 …

「誰の質問にも答えない生配信」俺たちのカレー家×ラーメン Koji Labo チキンカツカレーラーメン

ずっと気になってた店。カレーにうどん、そばではなく、あえてラーメンなんだよな。いいじゃん。カレーラーメンといえば5~6年前に土佐堀の、たしか旬彩堂という店で一度食べた。あんま憶えてないけど。それはともかくこの Koji Labo …

「僕らに “しあわせ” を運ぶのはトロコツチャーシューだった」花丸軒 難波・法善寺店 しあわせいっぱいラーメン

1日24時間 × 週7日営業コロナ禍の前は行列店だった花丸軒この日、外から覗くと先客はゼロあらためてえらい事態なんだと実感した 注文が通ると厨房のおじさん達がヨッシャと気合いを入れて調理開始そこまでは頼もしくていいけどその後マスク …

「まるみと深みがあって上品なピリ辛ラーメン」四川食房 福龍 福龍担々麺

近寄るキャッチのオネーチャンを掌で制しマスクの鼻背(びはい)部分を押さえ足早に日本橋道頓堀の揺れる水面(みなも)がミナミの電光(ネオン)を反射(うつ)していた 陳建民の愛弟子尹東福の創作ラーメン 四川食房 福龍 福龍担々麺 意外と …

「すべてはマーケティングの手腕」高級食パン 嵜本 大阪初號本店 極美 “ナチュラル” 食パン (テイクアウト)

昨今の高級食パン人気のなか大阪で一定の存在感を示す「嵜本」。 あの梅田の鶏焼肉屋とグループ店でいまいち気が乗らないが、食わず嫌いも柄じゃないのでなんばへ出たついでに1本(2斤)購入。 なんでも、嵜本の 極美 “ナチュラル” 食パン …

「アナログに耳肥やすステキ空間」レコード喫茶 Graffiti ミックスジュース

バナナ味強めの濃厚なミックスジュースまろやかな舌ざわりと甘味と酸味三位一体のジェットストリームアタックで私を味覚と嗅覚を楽しませる スーザフォンのような赤いスピーカーから客の誰かのリクエストが大音量で流れる会話を阻害する程度の大き …

「焼き加減はお好みで」千日前 はつせ 牛すじお好み焼き 他

セルフ調理のお好み焼き屋その小さな和室で20年来の友と向かい合う彼は変わらない 俺はどうだろうか?前進しているのか 後退していないか友達とは ある特定の側面から今の自分を映してくれる大切な存在でゲソ 千日前 はつせ牛すじお好み焼き …

「カレーみたいな塩ラーメンだと思いました。」麺のようじ 鶏塩ラーメン

丼面で葉ネギの先端をクロスさせた演出。その意図する所を少し考えたけど、詮無い気がしてすぐ止めました。 麺のようじ鶏塩ラーメン スープは強めの塩、塩、塩。鶏の旨味より塩気が勝っていて、飲み込むなり喉が渇いていく感覚。出汁はスッキリし …

「だってなんだか だってだってなんだめん」らーめんstyle JUNK STORY 塩のキラメキ

妻と子らのいない週末空きっ腹をさする千日前通りありったけのお小遣い(カネ)をかき集め捜し物を探しに谷町九丁目 目に映る建物は彩りを欠き道に人影は無かった元来さびれた街なのか世間を震わす新型コロナへの寒心かマスクの縁から漏れる呼気で …