「百聞は一見に如かず 百見は一“食”に如かず」鯛ラーメン 銀次、ぷるっと。 ぷるっと塩


-- スポンサーリンク --

おひつの上にぷるっと鯛型ゼリー
おひつの上にぷるっと鯛型ゼリー
白と黒のコントラストが美しい
白と黒のコントラストが美しい

陶器のおひつの蓋を開ければ、
ふわっと立ち昇る鯛出汁の香り。

乳白色のスープを啜ると、
まろやかな鯛出汁の旨味が鼻に抜ける。
クセもない、エグみもない。

まるみがあって、柔らかで、心地よくて、
何か── 女性的な魅力を感じる。

(素晴らしい出汁……!!)

鯛、放流
鯛、放流

そして鯛のコラーゲンで固めたという、
鯛の形のぷるぷる塩だれゼリー投下。
スープに浸せばみるみる溶けていく、
これがカエシということらしい。
よく溶かし混ぜたら、あらためて啜る。

(ほお~!美味いッ!!)

ほお~!は思わず声に出た。
芳醇な出汁は塩味によって更に際立ち、
深いコクと旨味を現し味覚を刺激する。

プリプリ弾力のナイス麺
プリプリ弾力のナイス麺

麺はよれよれの剛麺。
持ち上げた感じ硬いか?と思ったが、
噛めば意外とそうでもない。

(プリプリと弾力良しッ!)

スープは普通にハネるので注意。

炙られた鯛のほぐし身がもたらす、
ほんのり香ばしさのアクセント。
粗めの刻み玉ねぎがもたらす、
シャキシャキ歯ごたえのアクセント。

(農家になるなら、玉ねぎ農家だな…)

麺とスープとを交互に口へ運ぶ、
箸と蓮華のピストン運行は止まらない。
否、むしろ加速する。

(もっと… もっとだ……!!)

1滴残さず飲み干して完食。

腹は満たされても心がおさまらない。
立て続けにもう1杯食えるぞこれは…?
待て、これ以上太ると……死ぬぞ?

などと、幾度かの葛藤を経て席を立つ。

なお麺の大盛には応じないとのこと。
もう少し食べたい、もう少し飲みたい、
それくらいが良いのかも知れない。

おこげ香ばしい鯛ごはん
おこげ香ばしい鯛ごはん

あと鯛飯も普通に美味しい。
ちょっと辛かったけど。

客が自らカエシを溶かすという独創性、
鯛型ゼリーのインスタ映え、
何より鯛出汁に対する絶対的自信。

(「お見事」と評せざるを得ない)

ところで余談だが、
足を洗ってカタギに精を出す元ヤクザ、
みたいな風貌の店主が愛想良くて好感。

是非また来たい。
来たい、食べたい、飲み干し鯛!
ご馳走様々。

メニュー
メニュー
おいしいお召し上がり方
おいしいお召し上がり方
布施セントラルビル
布施セントラルビル
奥の引き戸がそう
奥の引き戸がそう

【お店】鯛ラーメン 銀次、ぷるっと。
【アクセス】近鉄布施駅から徒歩3分
【メニュー】ぷるっと塩 880円
【味】鯛!鯛!芳醇!鯛!
【雰囲気】普通のラーメン屋さん
【私のおすすめ度】AAA

– – – – – – – – – –
★私のおすすめ度格付(僭越ながら)
AAA 大満足!絶対おすすめ店
AA 満足!超おすすめ店
A おすすめ店
B 可もなく不可もなく
C 人によってはおすすめしない
D おすすめしない

-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください