Tag Archives: 中華料理

「まこと紛うことなき旨辛」
チリレンゲ
麻婆豆腐ランチ

まず供されるのはジャスミン茶。水ではなくジャスミン茶。鼻づまりがスカッと解消しそうな爽やかな香り。麻婆豆腐との組み合わせはよくあるけれど、なぜジャスミン茶なのだろう。ハーブのリラックス効果か、食後の口臭対策か、それとも粘膜を落ち着 …

「グイグイ引き込まれる四味一体の旨辛麺」ちー坊の担々麺 阿波座店 白胡麻担々麺と半チャーハン

先に出てきたのはチャーハン八角皿、謎の高台付きしっとりふわふわ控えめな塩加減でパクパク進む杏仁だかクミンだかほのかに香辛料の香り主張し過ぎない穏やかさでほっこりパラパラ派の私もご満悦 とろり濃厚な担々スープ味噌の甘さとコク出汁の旨 …

「あんかけ焼きそばならぬあん包み焼きそば」梅蘭 阪急三番街店 梅蘭焼きそば

阪急三番街になんか変な形の焼きそばを出す中華料理屋があると聞いてしかも割と評判がいいということでちょっと行ってみました 梅蘭 阪急三番街店梅蘭焼きそば 日本語の怪しいお姉さんに注文して大体7~8分で出てきますメニューの写真通り円盤 …

「ピリ辛が恋しい季節になりましたね」担々麵&中華バル 辣将軍 A担々麺セット(+黒胡麻)

冷たい風が冬の訪れを感じさせ、ピリ辛・激辛グルメに対する欲求高まるこの頃に、店名からして打ってつけの“辣将軍(カラショウグン)”。鬼軍曹(ONIGUNSOW)なみの語感の強さ。店内に充ちるスパイシーな芳(かぐわ)しさが肺胞ひとつひ …

「摂った摂った、たんぱく質!」台湾料理 鑫源村 担々麺と唐揚げと杏仁豆腐

担々麺はたっぷりのスープが薄い湯切りが甘いんじゃないのか元来この店ではこうか今回たまたまか余所で濃い味に慣れすぎたか念のため底からかき混ぜたが、やはり薄い 唐揚げは一個一個がしっかりデカイケンタッキーのウイング位のがゴロゴロッと骨 …

「烈日」味軒 毎日ラーメンセットと焼き餃子

時には誰かを知らず知らずのうちに傷つけてしまったり台湾ラーメン食べたりして残した罪の汁 戻れないよ、店の外には煌めいて見えたとしても代金を支払わなきゃ蝉が鳴き果てようとも 今日のランチは何を食べるの?何処で食べるの?誰かのために生 …

「傍若無人的美味。」スパイス担担麺専門店 香辛薬麺 担担+温玉+ダイブめし

ひとつ、ねっとり肉味噌と濃厚なタレを纏った、ムチムチどっしり食感の中太麺。 ひとつ、ピリリと痺れ、じわりと辛く、芳しい、複雑に絡み合い高め合う香辛料。 ひとつ、玉ねぎ、水菜、カシューナッツに柴漬け、様々な食感とカラフルな具材たち。 …

「まるみと深みがあって上品なピリ辛ラーメン」四川食房 福龍 福龍担々麺

近寄るキャッチのオネーチャンを掌で制しマスクの鼻背(びはい)部分を押さえ足早に日本橋道頓堀の揺れる水面(みなも)がミナミの電光(ネオン)を反射(うつ)していた 陳建民の愛弟子尹東福の創作ラーメン 四川食房 福龍 福龍担々麺 意外と …

「まずは青菜炒めでビール。ビールはキリン。それは至高の組み合わせ」台湾料理 味仙 大阪マルビル店 青菜炒めとキリンビールと台湾ラーメン

グルメ師匠とmellow兄貴に教わり話を聞き、検索し、写真を見、居ても立ってもおれず訪問 マルビル地下の食堂街でひときわ賑わいを見せ(・・)る店(・)、味仙(・・)フフ、失礼 まずは青菜炒めでビールビールはキリンそれは至高の組み合 …

「ワタシの大満足的中華料理店」中華料理 源隆 台湾ラーメンと若鶏の唐揚げ

「イラシャイマセー」中華系の人の言葉分かりやすい促音、つまり小さいツの発音ニガテホールのお姉さんも厨房のおじさんもみんな中華の人、分かりやすいネ 最初のお冷や水の入たコプが置かれたり元々コプが伏せて置かれていたりセルフでコプを取り …