「セカンドライフ」やよい軒 野田阪神店 かつ丼


-- スポンサーリンク --

40歳を目前にして胃袋が
一食あたりの量を求めなくなった今
ご飯のおかわりを売りにするやよい軒で
ご飯のおかわりが出来ないかつ丼を注文して
若い隣客に怪訝な目を向けられたとしても
どうと言うことはないさ
彼にもいずれ解る日が来るだろう
これが定期的に男の本能をふるわせる
“カツ丼欲求” を満たす重要な過程プロセスってことを

やよい軒 野田阪神店
かつ丼

やよい軒の良い所のひとつは
丼メニューに味噌汁が付くことさ
始めに汁物に口をつけるルーティンで
舌を湿らせ喉を潤したなら
はやり踊る心に追いつくように
身体の “食事いただきまスイッチ” がONになるんだ

柔らかい豚ロースのカツと
アメ色のスライス玉ねぎ
火の通り過ぎた綴じ玉子はご愛嬌
適度な水加減で炊かれた熱々の白飯へ
かろうじて箸で食べ進められる程度に染みた
甘めのつゆは万人が納得するだろう

そつなくまとまった作品をありがたく平らげ
3杯目の白飯を掻き込む隣客の丸い背中に
昨日の自分を重ねて見たりして
微笑ましく思うあたたかな気持ちと
その奥に灯る一抹の寂しさを
胸に仕舞って僕はお先に出口へと向かうよ

ありがとう
ご馳走様々

【お店】やよい軒 野田阪神店
【アクセス】阪神電鉄野田駅高架下
【メニュー】かつ丼 690円
【味】カツはそこそこ、つゆ甘め
【雰囲気】やよい軒
【私のおすすめ度】A

– – – – – – – – – –
★私のおすすめ度格付(僭越ながら)
AAA 大満足!絶対おすすめ
AA 満足!超おすすめ
A おすすめ
B 可もなく不可もなく
C 人によってはおすすめしない
D おすすめしない

-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください