月: 2022年5月

「もうひとつの正義」
秘伝のたれ 博多からあげ響 香芝店

真新しく綺麗なアスファルトが季節外れの太陽を照り返す5月末の午前。オープンから1週間というのに閑古鳥の鳴く店内はほんの少し涼しくて、愛想良く商品の紹介をしてくれる店員のお姐さんの笑顔が却って寂しくて、臆病な私は視線を合わせることが …

「これが京風たこ焼きか」
カリカリ博士 ラスパ西大和店
ジャンボたこ焼

持ち帰る間にふやけたたこ焼きはひしゃげたピンポン玉のようモチモチ厚みのある生地でカリカリではないフワトロでもないネチョネチョムチムチ 噛めども噛めどもタコらしき食感はない米粒のように小さなカットかあるいは入ってない ソース掛けすぎ …

「ほぼ揚子江ラーメン」
馨らーめん 野田阪神店
角煮定食

店名は“かおりらーめん”と読む。馨の字は「良い匂い」的な意味で、人名用にも割り当てられている一般的な漢字らしい。私は読めなかったけど。同僚のリークによると、今年の2月に1駅向こうから移転してきたとのこと。看板の四つ葉のマークがグリ …

「量より質?」
民芸そば しのぶ庵
ミニ親子丼とせいろ蕎麦のセット

椅子だけが寂しく列をなす向かいの蕎麦屋の壁を眺めながら、4組待ちの蕎麦屋の行列に並ぶ。立地とは時に残酷だ。20分ほど待って通された店内はからりとした和の雰囲気。2人組の客は、小テーブルを2卓くっつけた4名掛けに通される。それをバラ …