「雰囲気一番、味二番」ココチキッチン 奈良狐井 ココチコース


-- スポンサーリンク --

「先付け」
豆乳のパンナコッタ
フルーツトマトとバジルのマリネ

期待感を醸成する凛とした形貌。
小さな匙でちまちま掬わせる焦らしの妙。
酸味は然り、意外なしょっぱさの追随。

「前菜」

趣向を凝らした8種の雅は、
質朴な先付けからの飛躍。
目に留まった品から心向くまま、次々と。

鶏のレバームース

臭み無き濃厚ムースの上品至極。
ラスクの軽さとの好コントラスト。
食用花のシソ風味が、誘う哀愁。

バルバリー産 鴨とオレンジ

鴨の旨味を引き立てるオレンジピールの爽。
弾力がもたらす咀嚼の悦。
なおバルバリーは産地ではなく品種。

手違いで運ばれた献立違いのパスタを断り、
あれもあれでと顧みる暫しの間に、
欲にまかせたパンの完食。
この大罪が、後に苦悶を招く。

「パスタ」
牛煮込みとポルチーニのミートソース

生パスタにねっとり絡み付く妖艶。
柔き牛肉を律する柑橘の調べ。
濃密な塩気と油分が紡ぎ出す方程式。
導かれる解はひとつ

 パン食べたい ───

“パンのおかわり300円”なる破戒への躊躇ためらい。
存在の忘却に努め、冷水を飲み干し、
振りほどく酵母の呪縛。
罪を憎んでパンを憎まず。

「メイン」
フィレ肉のポワレ

さながら蒸し焼きの綿雲。
なまくらのナイフにて、千切る勇敢。
塩胡椒に重なるエシャロットの懐に抱かれ、
るべくて蘇る“あの食品”への渇望。

 嗚呼、無パンレ・ミゼラブル ───

切たる慕情を虚空に投げ、
主無き皿に差し向ける諸刃の賊心。
澄み渡る蒼穹は眩しく、揺れる草木はしずかな、
素晴らしきこの世界が見せた不完全。
生と死、光と闇、善と悪。
万象の狭間に墜ちて、
時が速さを失し、
音は集束する。

無が暴走する絶望の淵。

近づく銀の手車、車輪の振動。

夢をうつつに引き戻すのは、囁く幻聴。

“なら、お菓子を食べればいいじゃない”

「デザートワゴン」

給仕が皿に並べる6品の甘味。
ヨーグルトムースが想起させる青春。
ベリーのレモングラッセに垣間見える矜持。
締め括る香り善き珈琲。

美味の賞賛、値段との相応。
古民家が醸し出す風情と、
穏やかで柔和な接客。
次があるなら妻と一緒に。
ご馳走様々。

【お店】ココチキッチン 奈良狐井
【アクセス】近鉄下田駅から徒歩15分
【メニュー】ココチコース 2,750円
【味】パスタと肉がしょっぱめ
【雰囲気】とても良い
【私のおすすめ度】A

– – – – – – – – – –
★私のおすすめ度格付(僭越ながら)
AAA 大満足!絶対おすすめ
AA 満足!超おすすめ
A おすすめ
B 可もなく不可もなく
C 人によってはおすすめしない
D おすすめしない

-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください