「お味噌汁といただく旨辛麺」まぜ麺 マホロバ 旨辛台湾まぜ麺


-- スポンサーリンク --

店頭で買ったまぜ麺の食券を店員に渡すとき
次のカスタマイズを確認される

■麺量
小盛 200g
並盛 250g
中盛 300g
大盛 400g (+70円)

■辛さ
マイルド
ホドホド
ロコツ
バリバリ (+50円)

旨辛台湾まぜ麺
中盛のホドホド

手早く丼面を撮ったら
蓮華と箸で満遍なく掻き混ぜる
掻き混ぜたら引っ張り上げて啜る

ビヨーンと伸びて
モチモチッと張りのある麺
ちょっとしたアミューズメントだ

複雑な旨さに重なる辛さ
それらが織り成す美味しさ
舌は弄ばれ、心は満たされる

う~んいける

台湾では美味しいを「ホージャー」と言うらしい
実にホージャーじゃないか?
ほーじゃなあ!言うてね フフ

ところでこの小皿に乗った細切れのしば漬け
追い飯のときに食べるものか?
いや待てよ
それならご飯と一緒に出すか
つまりこれもまぜそばの薬味だろう
しば漬けを具にした汁無し麺の前例もあるし
入れる入れないはお好みでというわけか

なるほど全投入だ

1/3ほど食べ進めて概ね理解したので
味変アイテムを試していこう
案内書きにあるように小椀に少しの麺を取る

★エントリーNo.1 ゆず胡椒
はい、ゆず胡椒の味が乗っただけですね

★エントリーNo.2 ラー油
風味と辛味UP、だが必要性には欠けますな

★エントリーNo.3 昆布酢
まろやかな旨み!これは有りですね

いずれも変化として面白いが
結局そのままが一番
まあ好みの問題だ

やがて麺が無くなる頃
胃袋から放たれる熱が全身を巡り
噴き出した汗が頬を伝う
さらに熱々の味噌汁が追い討ちをかける
辛いそばに熱い味噌汁の取り合わせって初めて
だけどなんかいいなこれ

麺だけでも腹鼓だが
折角なので追い飯も注文する

店員「しば漬け、お代わりされますか?」
私「え?」
店員「ご飯と一緒に召し上がるかと」
私「あ…ああ、では、いただきます」

しば漬けはご飯のお供だったようだ…

ご馳走様々

【お店】まぜ麺 マホロバ
【アクセス】各線福島駅から徒歩圏
【メニュー】旨辛台湾まぜ麺 920円
【私のおすすめ度】A

– – – – – – – – – –
★私のおすすめ度格付(僭越ながら)
AAA 大満足!絶対おすすめ
AA 満足!超おすすめ
A おすすめ
B 可もなく不可もなく
C 人によってはおすすめしない
D おすすめしない

-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください