嵯峨野湯 フルーツのパンケーキ


-- スポンサーリンク --

「おや、道の端で串団子を焼いてゐる」「あらほんと」「美味そうな見栄え」「先刻昼を食べて、もうお腹が空いたの?」「しかし」「ほな去きましょう」「まあ待て、ホウ、彼の様に炭火で」「食べたいの?」「ムム」「それより、この店には見覚えが」「果て、一見は蔵のようだが。何々、サガノユ」「嗚」「呼」「どうしましょう?」「寄ろう」

 

wp-1461082138345.jpeg

 

嵯峨野湯(SAGANO-YU)
季節のフルーツのパンケーキ1枚

 

以前に妻と “京都パンケーキ巡り” なる企画をした際に、地図上ポツリと離れていて断念をした店に、この日たまたま通り掛かった次第。洒落た暖簾の先、銭湯をリノベーションしたと言う店内には、流し台や衣装棚、体重計など遺っていて趣。なお自席の料理以外の写真撮影は禁止とのこと。

 

通されたのは広間の真ん中の卓で、露天に一本植わった紅葉の真ん前、これは特等席であろう。妻は余程、日頃の行いが良い。白いタイルに映える紅葉が綺麗、でも机上の品を除き撮影は禁止。仕方がないから、水の入ったコップでも撮っておく。

 

wp-1461082141289.jpeg

-- スポンサーリンク --

 

注文は、季節のフルーツのパンケーキをふたりで1枚。小生フルーツは大好きなのであるが、かけるシロップがチョコレートとのことで、ややタルし。従業員に無理を言いメープルシロップに代えてもらって、それとホットコーヒーを2杯。

 

wp-1461082146238.jpeg

 

wp-1461082157564.jpeg

 

フルーツは林檎やベリー、妻曰く洋なしと、あと生クリームが可愛らしく乗せられている。メープルシロップをかけてほおばると、美味しい甘さが口いっぱいに広がる。パンケーキは表面をよく焼いており、中は弾力のあるスポンジで、焼きたてのベビーカステラの食感を思わせる。コーヒーも小生がきらいな酸っぱいやつでなくてよい。そつなく、卓上、総て好し。

 

お会計はBandaiで。
御馳走様。

 

【お店】嵯峨野湯
【アクセス】JR嵯峨嵐山駅から徒歩スグ
【メニュー】フルーツのパンケーキ760円+コーヒー210円
【味】香ばしくて美味しいパンケーキ
【雰囲気】レトロな雰囲気がおしゃん
【妻の興奮指数】80

 

 

-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください