【特別企画】東西どん兵衛比較レポート


-- スポンサーリンク --

 

GWで訪れた岐阜でゲットした「東日本のどん兵衛」(以下、イースト)と、普段から食べ親しんでいる「西日本のどん兵衛」(以下、ウエスト)の比較をしてみる。なお、このレポートでは2016年5月時点コンビニで販売されているどん兵衛で、5月7日の正午、豊中市にある自宅のリビングにて、妻立ち合いのもと、おこなうで。

 

 

ちなみにこの日の私は 二日酔い に加えて、目覚めてから一食目ということで軽い 飢餓状態 にあり、まさに、どん兵衛を美味しくいただくための ベストコンディション と言える。 よ~し、なんか気分も乗ってきたし、さっそく比較していくで。

 

 

まずは外見から。
人間だって初対面の時はまず外見で判断する。中身の良さだって、いくらかは外見に表れるから、結局はなんやかんや外見が大事なんやね。そしてそれは商品だって同じこと。 外見ばっかり良くても中身が伴わなければ売れへんし、なんぼ中身が良かったとしてもその良さが外見(デザイン)に表れていなければ、やっぱり売れへんっちゅうわけや。 まあ今それ関係ないけどな。

 

さて、向かって左がウエスト、右がイースト。フタのパッケージは…、ふ~む、一見同じようだが…

wp-1463211861128.jpeg

待て、ちゃう、ちゃうぞ!見ろ、バーコードの数字がちゃうぞ! ヨッシャーあっぶねえ! けどそれ以外は…、う~ん、そうやな、特には…、油揚げの下に写っている七味と、右端のカマボコとネギが微妙~に違う程度で、まあだいたい似てる。

 

wp-1463215495485.jpeg

 

 

次に商品説明のとこ。
カップの側面を確認してみる。内容量などの表記の右下に(W)(E)と記載されているが、その意味はお分かりだろうか? 東はEastやからE、西はWestのW、つまり… まあそういうことや。

wp-1463211901099.jpeg

ここも基本的には同じだが、特筆すべきは、やはり スープ原材料の違い。その決定的な違いは 材料全体に対する醤油の割合 にあると思う。

 

ご存知の方も多いだろうが、食品の原材料についてはその 重量の大きい順に表記する義務 がある。これは農林水産省・消費者庁によって取り決められとる「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」いわゆる 「JAS法」 で定められているんやけど、それを踏まえて原材料を確認しよう。

 

ウエストの場合は「スープ(食塩、魚介エキス、醤油、魚粉、昆布エキス…」と続くのに対し、イーストの場合は「スープ(食塩、醤油、糖類、魚粉、魚介エキス…」と続いとる。

 

そう、典型的な 西のダシ重視 v.s. 東の醤油重視 の構図っちゅうわけや工藤。

wp-1463220819658.jpeg

 

 

さらにウエストのスープには、イーストのスープには入っていないが混ぜてある。 日清の公式サイト(別ウインドウ) にも、このの詳細については特に触れられていない。 関西、加工食品、そして つまり、そういうことや。(※昆布パウダーです。)

 

 

wp-1463211918054.jpeg

栄養成分表もウエストとイーストでは多少違いがあるけど……、もうええやろ? こまかいこと気にしとったら、一人前の男とは言えんやろ? ドシッと構えてバシッと受け止めたるっちゅう気概がなかったら、あかんやろ。せやから 多少の粉 くらい、おおめに見たろ?(※昆布パウダーです。)

-- スポンサーリンク --

 

 

あ~腹減った。目~チカチカするわ。
もうあかんわ、剥くで。 何をって、フタをやがな。 あーもう我慢ならん、剥くで! ハアハア! あーもう剥くで! あー剥くッ!!(ベリー)

wp-1463211922643.jpeg

…勢い余ってフタ全部剥ききってもうた……。

 

ご覧のとおり、スープの素の袋は現在、七味の袋と一体型になっとる。前は分かれてたはずやけど…、七味の小袋をスープに浸すアホがアピったからかな?まあ私も一回はやったアホやけど…。

 

ここで気になったのは袋の色。ウエストは青色で、イーストは緑色。これはなんでや? JR西日本とJR東日本のコーポレートカラーの関係と一緒やけど、何か関係あるんやろか? ちなみにJR西日本の言い分は、

 

「西日本旅客鉄道 – ブルー。日本の文化と歴史に彩られた地域に相応しい色とされ、地域に密着した会社を表している。また、豊かな海と湖を象徴するカラーでもある。(Wikipedia)」

 

はあ、そうですか。いろんな考え方があるもんね。僕は  ちゃうかなって思うんですけどね(※個人の意見です)

 

 

 

 

湯、注入。
もう空腹が限界で、粉末スープの検証をする前に湯~注いでしまった。勢いあまって剥ききってしまった フタをどうにかうまいことかぶせて、そのうえに新聞紙を乗せて5分…。

 

そういえばこないだ、ちょっと流行ってた 10分どん兵衛 やってみたけど、やわらかめのうどんになるくらいで、別にそない騒ぐほどのもんでもなかったわ。独身時代に私がやってた 1分どん兵衛 のほうが良かったわ。アルデンテ派なんでね。

 

wp-1463211927106.jpeg

 

wp-1463211931569.jpeg

はい、ご覧のとおり、けっこう露骨に違いまーす。ウエストは色薄く澄んだスープ、イーストは色濃く黒いスープ。カマボコが見えたり見えなかったりするのは配置上の偶然であるとして、私が気になるのは一点。 イーストのスープの泡立ち。

なにこれ、なんで泡立ってんの? 

…もしかしてそういう粉が入ってるのはイーストのほうなの?

 

wp-1463293082102.jpeg
※結局原因は不明。

 

 

 

 

さあ、いよいよ実食。
まずは食べ慣れたウエストから行こか。

wp-1463211973309.jpeg

ズルズルリ。

 

うまい!

 

このうどん、ほんまモチモチになったよね。昔はもっとペロンペロンやったよ。あれはあれで好きやったけど。そして、これやこの、魚介っぽいだしの香りと塩の良~いバランス。二日酔いの五臓六腑に染み渡るぜ…。 こういう、だしの効いたスープの味に小さいころから親しんでいたから、むしろうどんっていうのは、こういうもんやと思っていたね。

 

ちょうど10年ほど前、23、4歳の頃に初めて東京へ一人で行ったときに食べた立ち食いうどんは衝撃やったな。「なんじゃこれは」と。全然美味く感じられなかった。「醤油を湯で溶いただけやないかい」と。 …まあ、その店がたまたまそういう味やったのかもしれんけど。 なので今回のイーストも、ちょっとびびってます。

 

前置きが長くなりましたが、いざ実食…。

wp-1463211976131.jpeg
ズルズルリ。

 

ん!? う、うまい…!

 

こんな言い方したらたらあれかもしれんやけど、普通にうまい! もう少し言うと やっぱり醤油がよう効いてるんやけど、その土台をだしがしっかり支えている っていう感じやな。 なんやあの立ち食いのうどん屋がゴリゴリの醤油スープなだけでしたってか。

 

…それとも何か? 「どれ、東のどん兵衛も味見して文句つけたろかい」 みたいな、イキッた大阪の輩にナメられたら困る勢力から圧力かけられた日清が、関西人でもうまいと言うように、だしを強めに効かせて歩み寄ってる的なことがあるんかな? もしそうやとそうすると関東人はこのどん兵衛を食べて 「こんなのボクたちのうどんじゃないジャン!プンプンジャン!」 みたいに標準語で怒ってるんかな。日清も板挟みやな。(※個人の想像です)

 

wp-1463211979441.jpeg

 

さて、今回の食べ比べ、総括すると「どっちもそれぞれうまい」ということに尽きるね。西のどん兵衛はだし重視、東のどん兵衛は醤油重視。想像してたとおりの違いはあったわけやけど、それって、ある意味うどんの「個性」であって、どっちがどうとか、優劣をつけられるものではないね。 そして、それはうどんに限った話ではなく、食い物全般に言えること、ひいては、地域や国家間の慣習や思想の違い、男女の違い、人種の違いにだってあてはまることなんちゃうかな?そう、 お互いをよく知って、触れ合って、その差その違いを理解し、認め合う。それが、この世にあふれる無益ないがみ合いや喧嘩や戦争を無くしていく、ひとつの手段になり得るんとちゃうかな? 知らんけど。

 

まあそんな話はともかく、まんまと岐阜旅行まで行ってどん兵衛を手に取っていたり、こうやってステマよろしく世に晒す記事を書いて、多少は癪にはさわるけど、これもひとえに 日清の企業努力 による効果のひとつであって 本当にすごいこと やと思うよね。いつも美味しくいただいています、日清さんありがとう!

 

 

どや、綺麗にまとまったやろ?って妻に聞いたら「まあまあちゃう」やって。監督手厳しいなあ!そんなわけでご馳走様々!

 

 

※このレポートに記載されている内容はすべてライター個人の意見であり、登場するあらゆる個人・団体を好きとか嫌いとかそういう意図は、縦にも横にもありません。…て、一応書いとこ。メッチャ叩かれたら嫌やし。

 

 

-- スポンサーリンク --


2 thoughts on “【特別企画】東西どん兵衛比較レポート

  1. ゆ。

    まあまあやて。ぷっ
    おもしろかった

    今度はキリンの都道府県別beer飲み比べレポート待ってまっす

    1. fujidesse Post author

      だいぶようけ飲まなあかんな!
      それ、次の企画の候補にするわ、あんがとさん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



--- スポンサーリンク ---