北海屋 チャンポン


-- スポンサーリンク --

image

 

image

 

image

 

職場の仲間に連れて行ってもらった千里のラーメン屋。ラーメン一杯800円900円がザラなこの御時世に、570円のラーメンを提供する良心的な店。入り口の脇では牙を剥く木彫りのヒグマ?が案内板持ってお出迎え。北海だからクマなんだろうが、それにしては威嚇するような表情と、メニュー板のへたくそな字も相まってなんだか微笑ましい。

 

二軒目とあってお互い酒の回った頭で他愛ない話をしながらチャンポンを待つ。金曜19時半の店内に客は絶えることなくまばら。待つこと数分で着丼。ボリュームありまっせ~、という同僚の宣言通りの山盛り野菜。いわゆるチャンポンのこの、こんもりとした見栄えを、とても好ましく思う私は欲張り。

 

豚骨ベースのまろやかなスープ。そのまろやかさに驚いて、豚骨だけ?何か溶いてない?と店員に問う始末。たっぷりの野菜、かまぼこ、肉、それに天ぷら(練り物)が嬉しい。具材をかき分けると、よく湯がいたやや太めの麺が登場。食べた感じチャンポン専用の麺というわけでもないようだったが、スープに絡み、ボリュームもたっぷりで大満足。

 

メニューの写真はもっと美味そうに撮ればいいのに、そういう所に垣間見えるレトロさがまた、この店の良さなのかもしれない。

 

いい店を教わった。ご馳走様。
今度は妻を連れて来よう。

 

【店名】北海屋
【アクセス】北大阪急行線千里中央駅すぐ
【メニュー】チャンポン
【価格】710円
【ボリューム】たんまり
【味】やたらとまろやか豚骨
【妻の興奮指数】3 (土産話)

-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.


--- スポンサーリンク ---