「お汁もイカせて」- 麺や よかにせ 濃厚魚介つけ麺


-- スポンサーリンク --

 

 

 

麺や よかにせ
濃厚魚介つけ麺【極太麺】大盛り

 

 

ゆで時間13分かかりますけど大丈夫ですかと店員。13分とはかなりのもの。だからこその確認だろうが、それなら券売機に書いておけばいいのに。中太麺の方は確か7分だったか。食券を買ったあとで麺の種類を変更しても、値段設定が同じなので支障はないよう。しかしなあ…。場合によっては、券売機で上段にある中太麺と迷った末に興味本位で極太麺を選んだ後にゆで時間に躊躇して中太麺に変更した挙げ句着席すると目の前に「極太麺が当店の代表的麺です」と書いてあるわけだ。悲惨です。

 

券売機

 

15分くらい経って運ばれてきたのは、綺麗に盛り付けられたつややかな太麺。確かに太麺。個人的にはもっと、うどんみたいのが出て来るのかもとワクワクしたのでちょっと肩透かし。ただ、見栄えからは確かに、俺たち麺にこだわってんぞ~という気概が伝わってくる。一本摘まんでみると、しっかりめの歯ごたえ。コシがあって、食感重視の麺。

 

麺アップ

リフト

 

つけ汁はこれでもかと煮干しの香り。普通に出汁を引いて、ここまで香るか…、何か足しているのか。さらに豚骨のとろみがあり、塩気がかなり強く、酸味もあってややクセがある。また、ビリビリッと舌を刺す、何か、私にとって良からぬ要素が溶け込んでいる。麺をつけて啜ることでいくらか和らぐものの、途中からちょっとつらくなってくる。

-- スポンサーリンク --

 

トッピングは数本のメンマ、ひとつまみのカイワレと、海苔が1枚。つけ汁の中にチャーシューが沈んでいるが、脂身の、本当に切れっ端が少しだけ。ウウム。トッピングもちゃんと楽しみたい場合は追加で300円払って「よかにせ盛り」なるメニューを注文しよう。卓上には玉ねぎの酢漬けが置いてあるが、地の味が強いので、入れても酸味が少し増す程度にしか感じない。

 

〆ご飯

 

麺がなくなる頃、サービスの〆ご飯を注文。残ったつけ汁をかけて、雑炊みたいにして食べるための小盛りの白ご飯。つけ汁は麺とともにもう十分飽きるほど堪能したので、さほど嬉しいものでもない。

 

美味しい美味しくないは、結局は好みの問題に依る所が大きいと思う。ちょっと好みでない。それにしても喉が乾く。ご馳走様々。

 

イケ麺紹介

外観

 

【お店】麺や よかにせ
【アクセス】阪急十三駅から徒歩4分
【メニュー】濃厚魚介つけ麺【極太麺】830円、麺大盛り80円
【味】ひとクセあるつけ汁
【雰囲気】カウンターのみのお店
【妻の興奮指数】保留(不在)
【俺のおすすめ度】B

 

– – – – – – – – – –
★俺のおすすめ度格付(僭越ながら)
AAA 大満足!絶対おすすめ店
AA 満足!超おすすめ店
A おすすめ店
B 可もなく不可もなく
C 人によってはおすすめしない
D おすすめしない

 

 

-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


--- スポンサーリンク ---