あじあんだいにんぐ ランダ カレー3種チョイ辛大盛+温玉


-- スポンサーリンク --

 

 

外観

 

薄暗い店内、狭いカウンター席に、先客ひとり、店員もひとり。立ち込めるスパイスの刺激を大きく吸い込んでしまったわしはむせた。隣に掛けた同僚もむせた。

 

あじあんだいにんぐ ランダRangda
カレー3種チョイ辛大盛+温玉

 

Wikipediaによると、ランダはインドネシアのバリ島に伝わる魔女で、シヴァ神の妻であり、神獣バロンのライバルであり、人間に災いをもたらす存在らしい。

しかし、誰かの温かい心に触れて良心に目覚めることが出来れば、人間を治癒する魔術をも行使できるようになるとされる。

そういうことらしい。

 

 

欲張りなわしは大盛無料のカレー3種。ルウの内容は日替わりで、店頭の黒板に書いてあったらしい。全然見とらんがそれで、といい加減に注文する。カレーは辛さを選べるようになっていて、普通・チョイ辛・中辛・辛口の4段階。こういうサービスはよくあるが、基準となる “普通“ の辛さが分からん一見の客には、これぞと選びようがない。そこへきてこの “チョイ辛” というのはなかなか良い選択肢だとわしは思う。今日はなんだかちょっぴり刺激的なものをチャレンジングに攻めたい気分だワ!などという客のささやかな願望を叶えよう。で、チョイ辛を注文。「けっこう辛いですけど、いいですか?」店主の不敵な笑みの向こうに、わしはランダを見た。男だけど。しかし、なめられては困る、店主からどう見えたか知らんが、こう見えてわしはカレーは辛いのが好きなタイプなのだ。けっこう辛い?むしろ望むところである。しかしまあ一応、念のため、温玉を乗せてもらおうか。

-- スポンサーリンク --

 

かれー3種

 

レッドカレー卵炒め
ひよこ豆のカレー
サツマ芋のコルマカレー(牛乳のカレー)

 

3種類のあいがけは流石、豪勢な見映えである。店主によれば、レッドカレーは辛すぎるので卵炒めにしているとのこと。赤い粉末の混じったそれは確かに、ビリビリと来る刺激が舌を灼くように辛い。ひよこ豆のカレーも、ジワリ、と汗がにじむような辛さをしっかりと備えている。そしてわしの今日一番のお気に入り、コルマカレー。牛乳のカレーというだけあってとてもまろやかな口当たり、奥行きのあるコク。芋の甘み、ミルクのまろやかさ、さらにスパイスの刺激が非常によいバランスで拮抗している。「めっちゃ美味しいですね」思わず声に出た。人気です、と店主はまた不敵に微笑んだ。日替わりなので毎日は出していないが、ローテーションのなかで特に評判がいい、ということらしい。実際わしもこれはかなり、美味いと思う。

 

辛さ “普通” を注文した同僚は辛さにあまり耐性がないようで “チョイ辛” のわしよりもヒイヒイ言いながら食べ進めていた。 “普通” でもそこそこ辛いらしい。ちなみに食べながら辛い辛いと騒いでいると、良心に目覚めたランダがココナッツミルクを勧めてくれる。かければ幾分マシになるらしいので、刺激に強くない人でも安心してほしい(同僚の場合はココナッツミルクが苦手だそうでそのまま頑張っていたが)。

 

あいがけの3種類とも美味しいカレーだったが、コルマカレーは特筆に値する美味さだった。わしはまたこれを食べに来る、かならず来る。ご馳走様々。

 

黒板メニュー

ランチメニュー

午後のメニュー

 

 

【お店】あじあんだいにんぐ ランダ
【アクセス】阪神野田駅から徒歩3分
【メニュー】カレー3種チョイ辛大盛+温玉 830円
【味】手の込んだ辛旨カレー
【雰囲気】調理の度にむせる狭い店内
【妻の興奮指数】保留(不在)
【俺のおすすめ度】AA

 

– – – – – – – – – –
★俺のおすすめ度格付(僭越ながら)
AAA 大満足!絶対おすすめ店
AA 満足!超おすすめ店
A おすすめ店
B 可もなく不可もなく
C 人によってはおすすめしない
D おすすめしない

-- スポンサーリンク --


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


--- スポンサーリンク ---